議会

供託金について説明します

選挙に必要な供託金

名前はよく聞いていましたが、なんか選挙に出るには供託金がいるみたいね。という感覚のもので、今までまったく縁の無いものだったのですが、議員になる時といいますか、選挙に立候補する時に「供託金」に関係しなければならなくなりました。

 

公職選挙に立候補するには、町村議会の議員を除いて、供託金が必要になってきます。私が立候補した日向市議会議員の場合は30万円となっています。

 

具体的な手続きから説明しますと、立候補したいと思ったら選挙管理委員会に立候補の届け出をしなくてはなりません。その届け出る文書の中に「供託金はもう払いました」という証書が含まれています。その証書をもらうために、まず法務局に行かなくてはなりません。

 

私は「30万円いつの時点で払うのだろうか?」という疑問をもっていました。すべてが初めてのことなので、まったくわからなかったのです。選挙管理委員会に聞いて初めてなるほどと腑に落ちましたが、そのときは何をどうすればいいのかさっぱりわかりませんでした。

 

ところで、選挙管理委員会はなんだか恐そうなイメージがありますが、そんなことは全くなく、大変やさしく疑問点に答えてくれました。何回お世話になったことかわかりません。(^^

 

実際には下の手順で完了しました。

1、延岡市にある法務局に行って、供託金の申し込みをします。
2、法務局でもらった証書をもって、延岡市にある指定銀行へ行き、そこで現金30万円を払います。すると「供託金はもう完了しました」という証書をそこでもらえるのです。

 

まあ、それだけのことなんですが、それが初めてだとなかなか分からないんですね。偶然に法務局で他の候補者と会ったりしました。当たり前ですが、みなさん同じような時に手続きをするのですね。そんなこんなでバタバタしながら、1つひとつをクリアするために必死でした。

 

なぜ供託金は必要なのでしょうか?

じゃあなぜ供託金というものが必要なのという疑問がわいてきますが、これは立候補の乱立を防ぐ意味があるとされています。いい加減な無責任な気持ちで選挙に出てみようという立候補を防ぐ意味ですね。普通は売名行為とかちょっと出てみるかという気持ちではなかなか出れません。

 

もっとも、普通ではない人もたくさんいますが、資金に余裕がある人は、とりあえず立候補をして名前を売ろうかということも考えられるかもしれませんね。特に注目度が高い東京都知事選挙だと供託金は300万円になりますが、選挙中は自分の名前を都内中に宣伝をできるわけです。これをどう取るかは人それぞれですが、そういうこともできるわけです。

供託金はある一定の票を取らなければ(都道府県知事は有効投票総数の10分の1)没収されてしまいます。私の場合は日向市議会議員ということで、有効投票総数をその選挙区の定数で割った10分の1に票が満たない場合は、30万円没収ということになってしまいます。当選またはそれらの数字をクリアすればちゃんと戻ってきます。私も普通に通帳口座に戻っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA