議会

趣旨採択(しゅしさいたく)とは

趣旨採択とは

議会には市長からの「議案」や、一般市民の方から提出され議員が紹介者となる「請願」、議員の紹介がない「陳情」などがあります。その他議員からの「意見書」というものもあります。そのひとつひとつを質疑・討論をして最終的に議員の多数決で決めるわけですが、賛成や反対では一概に済まされない案件もあります。

とくに一般市民の方から提出された請願・陳情については、どうするかの判断に悩む時もあります。提出者の思いの趣旨は大変重要なことで賛成できるのですが、様々な理由により実現が難しい時に「趣旨採択」という決め方をすることがあります。

この趣旨採択には様々な議論があります。「採択か不採択かはっきりさせた方がいい!」「あいまいでわかりにくい」「議員の逃げではないか?」などのご意見もありますが、趣旨採択という審議結果も現実にはあるということです。

 

継続審査とは

採択・不採択・趣旨採択自体を今の定例会で決めることができないこともあります。この案件については委員会でひきつづき継続して審査を必要とする時に、継続審査という決め方をすることがあります。通常は次の定例会(議会)で賛成か反対かを決めることになりますが、継続審査になり趣旨採択になったこともありました。